額面の何倍もの値段でお金を売る方法
記念貨幣は、世界各国で国を代表するような祝い事やイベントを記念するために発行される特別な貨幣です。日本では記念硬貨や記念コインと呼ばれることも多いですが、前回1964年の東京オリンピックの際に発行された1000円及び100円銀貨がその始まりです。日本の記念貨幣は当初数年に一度程度しか発行されず、また国民の間の人気も高かったため、とても希少価値のある存在でした。しかし、1980年代後半以降つまり昭和の終わり頃からは、毎年のように乱発気味に発行されるようになり、一部のプレミア硬貨を除いて新しいものにはあまり人気がありません。もっとも、記念貨幣は一般の紙幣や硬貨と同様に利用することが可能です。家の中で見つけた場合には、その額面通りの価値のお金として使うことができます。しかし、古銭買取業者などに売却した場合には、元々の価値の何倍もの金額で引き取ってもらえる場合もあります。無料で査定してもらえることがほとんどなので、不要な記念貨幣を持っている人は一度利用してみるのがおすすめです。